<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
感想文
小学生の夏休みも中盤に突入。

そう、もう中盤なんだよ。
ちゃんと満喫してるか、諸君。
夏休みの宿題は真ん中あたりまで来たか?
絵日記は書いたか?
自由研究はすすんでるか?
(最近は自由研究も読めばできるような攻略本がたくさん出てる。)
それとももう終わってんのか?


そんでだ。
課題図書は読んでるか?
読書感想文書けそうか?
(これまた写せばおわるような文例集の載った攻略本がたくさん出てるが。)



本屋でパートしてるんで、本購入部分の攻防戦は目の当たりにしている。


「コレください。」
(お母さん単独購入。後ろで子供はゲーム・ファッション誌に夢中。)


「いいか、一冊でいいからしっかり読みきるんだゾ。」
(父の威厳?聞いてないな、餓鬼。)


「これでいいのねっ?」
(お母さん既に切れ気味。男の子のお母さんはほぼコレ。)



まぁ課題図書を見てるとイマイチおもんなくなさそうなもんが多い。
絶対コレしか駄目なんかね?

課題図書、とかって決めてもらわないと駄作かどうかわからんのかな?
お母さん達もあんま本好きじゃないのかな?わかんないのかな?

子供はとりあえず本読まんのだろうな、うん。
読まない子供が多いだろうな。

大体、感想文書く為に読むのは嫌だよね。
押し付け感満載だもんな。

本なんて結局「面白かった」か「面白くなかった」か。
大別すればどっちかなわけで。
読書感想文に「面白かった」「面白くなかった」と素直に書きたいのは良くわかる。

アレだよ。
国語や道徳の教科書見て、授業中好きなトコ読めて楽しい。
と思ったりしてたうちみたいな奴はあんまりいないだろう。
(ので、授業中は先生の言うことなんて聞かずに読みたいトコを読んでた)



と、いろいろ想像はするが。
結局宿題だから夏の間に感想文をかかんといかんのだが、逃げ道はあるぞ。


たとえば映画化された「DIVE」。
これなら映画を見れば良いようだぞ。

本好きに一冊読んでもらったらどうだ?
そんであらすじを聞く。
ちゃんとお礼はしたほうがいいぞ。
来年も頼まないといけないしな。
いっそ、読書感想文も書いてもらえばどうだろう。
その代わりほかの宿題代わりにやってやれ。
GIVE&TAKEだ。


うちに頼んでくれてもいいぞ。
読んでほしい本と学年、感想文の規定文字数をお知らせアレ。
あて先はこちら。
kaya_og@hotmail.com
※報酬は要相談。




・・・。
教育委員会から苦情が着そうだ。
冗談ですよ、冗談。
ほんとに頼んじゃ駄目ですよ。アハ。


短い本でもいいから自分で読んで自分の言葉で気持ちを書きましょうね。
良い子の皆さん。



てわけで。
新たな商売を思いついたが特記すべきことは起こらんようですな。
* 17:02 * comments(2) * trackbacks(0) *
勤労意識
先日本屋の仕事は楽しいと言ったが。

まだまだ仕事の「し」の字もこなせてないんで。
仕事が楽しいってより。
「本屋」って場所が基本的に好きなんやわ。
たぶん。


しかしあれやね。
「本」「CD・DVD・ゲーム」「レンタル」なんかの総合チェーン店なわけだが。
(この三分野は分業になっててレジも完全に別。うちは「本」専任。)
昼間勤めてるお母さん・奥さん達はオタク率80%程度。
夜はわかんないよ、学生さん達やし。
オタク分野は色々やけどあえてこういうメディア店を選んでるって事やろう。
だからからか皆さん結構楽しそうに働いてる。


あと。
服装・髪型・メイクなんかに細かい決まりがあるのもあると思うし。
出勤・朝礼・終礼・目標とか結構厳しい所以もあるかと思うけど。
コンビニなんかのバイトにくらべ皆キチンと働く人が多い。ように思う。
(語弊を招くいいようだが、うちはコンビニで働いたことがないんで、
 実際どうかはしらんが、ダラッとしてムッとする確率が高い気がする。)


あー。
しかしうちの勤める店は。
チェーン店(大きな名前で一括されてるが実はその中でいろんな店舗集団がある)のなかで。
アンケート集計店べべらしい。

うん。
それなのに結構皆がんばって働こうとしてる人がおおいなぁと思うわけや。
皆の良い店にしよう的意識も結構高い。
店長の指導力が欠けてるんやけどね。


ここまででちょっと思い当たったことは。

これまでうちが勤めてきた環境の会社員の皆さん(自分を含む)。
頑張って働こうって人・会社を良くしようって人が少なかったってことや。
少なくとも今の職場のパートの人たちよりも。






うちがいままで勤めてきた

「会社」ってどうなんやっ!?









会社員の皆さん。
一回どっかでバイトなりパートなりを改めてやってみてください。
もしくは自分がバイトやってたころのこと考えてみてください。
自分を含めた会社員って「なんでこんなやるきないんやろう」と考え直せるかも。

きっとそこには問題点が山積みのはず。
会社にも、自分にも。


ちゅうことで。
まだ辞めずに頑張ってますわ。
って以外に特記すべきこともないようですな。
* 21:46 * comments(0) * trackbacks(0) *
現実
昨日は妄想モードに突入し。
夢をみて。
ええ、どっかのスロ貧乏お魚さんをはじめとし。
本屋のバイト・本屋そのものの経験がある人は鼻で笑い飛ばしとったでしょうが。

アレですよ。
うちかて行ってキッチリ現実と対面してきやしたがな。

なにかと重いとか。
紙で手をきったり荒れたりとか。
そういうこうなんての。
仕事的な大変さは想定内やったけど。

しかしだよ。
見かけ「やる気のあるさわやかテンチョー」さん。
彼がまったく店長として機能してないというか。
あのなんだ。
立場をつくれてないというか。
職場にケジメの欠片もないというか。


ああもう。
朝礼の時から全く馬鹿にされてますがな。
今日はテンチョーさんとパートバイトだけやってんけど。
バイト人員:若い女性2人。オバサン5人。若い男性1人。
(若いを28まで。オバサンをそれ以降平均35程度と勝手にしている。
 おまけにうちの独断で若いとオバサンに振り分け。
 え?うち自身?そりゃ若いオバサン分類で…ガクーリ)



注意もナンも聞いてへんし。
現実仕切ってんの一番古株っぽいヤンキーおねいさんやし。
テンチョーさんより若い女性かって私語すき放題。

・・・。

ただ、仕事については。
皆しゃべりながらも、ちゃっちゃか、ちゃっちゃか。
言われなくてもどんどん作業を進めとった。
必要なトコで愛想がなくて私語が多いけど。
けど、すんごいキパキパ働いてる。


悪い人らやない。
ってか良く働くヒト達だ。
これにしっかりケジメをつけれてないテンチョーがあかんやろ。
※休み時間や普段フレンドリーなんは、
 年齢ばらばらのバイトをまとめるには必須なんやろけどな。




でも完璧な職場はないんやから。
(これをこれからの合言葉にしよう)



完璧な職場はないんやから。



うん。
今日のネタはコレだ。

ベテランのオバサンに作業中注意された。
「靴、何も言われなかった?」
「あ、黒の革靴か濃い色の運動靴って言われましたが」
うちは黒の革靴着用。運動靴もってないんで。

「私は黒の運動靴って言われたけど。」
と、自分がはいてる靴をしっかと提示。
彼女が履いていたのは白の運動靴。

・・・って!「黒」って言われて「白」なのにエラソー!?

状況は明らかに革靴はおかしいととがめている模様。

「あ、そうですね。運動靴の方がいいなら買います。もってないんで。アハ。」
↑かなりにこやかに、テンチョーは革靴でいいって言ったんだけどな的アピール。
「統一してくれないと困るよね。」
「…そうですね、アハ。」



帰りに買いました。
3200円の「黒の」運動靴。
それから消臭ソール¥700円も。
計3900円。

今日のパート代金¥3200円。
シャツの洗濯・交通費とか考えると。
たぶんアレだ。今日の収支は。
マイナス¥1000円くらいやん。



速く取り戻そう。
酒代を稼ごう。
堅実に稼ごう。



というわけで。
今日も特記すべきことは起こらないようですな。

追記:次回パートは来週火曜日。また報告しますよー。
あと、うちもオバサンなんですよ。
* 19:47 * comments(0) * trackbacks(0) *
本屋
やー。
今日契約してきました。

パートがどの部門になるのかちょっとドキドキやったけど。
結局「本売り場」担当ですよ。
ええ、ええ。
ニッコリ


以前から本屋さんには憧れてた。
もし自分で本屋を経営していたら…


まず文庫専門店にしよう。
単行本は場所をとるし当たり外れも激しい。
それはその楽しみがあるけれども経営者としては、全部ってわけにイカンし。

漫画はどうしようか。
漫画おきだすと結構場所とるよね。
しかし、漫画をおいてない本屋ってのも辛いか。

そうだ。
駅近いとか駅の中とかの店だったら漫画は最新作と話題作、
ほんでもって漫画文庫を一部だけおく。
駅から遠い店である程度広さがあるなら漫画もおこう。

雑誌はどうするんだ。
雑誌・・・これは店を開けるときに考える。
あんまり置きたくないが、旦那はジャンプがないと寂しいやろし。

小銭を握り締めてコロコロコミックとか買いに来るガキを受け入れるかどうかも、
かなーり考えどこやね(笑)。


あとは近所のヒトが欲しい本について積極的に受注を受ける。
本の出版一覧みたいなものや広告雑誌は数冊おいておく。
ネットを使い切れないお年寄りの為と、欲しい本が具体的に「今」ないんやけども、
そういうパンフをみてるうちに読んでみたくなったりするから。
(自分が新刊の間に挟んである出版一覧チラシをみて読みたくなる経験から)



本屋の楽しみは自分でつける推薦文だな。
毎月「おすすめ文庫新聞」とかつくるのもいいかもしれない。
ものすごい偏見と好みにみちみちたもの。


でも。
一人でカバーできる広さって知れてるな。
パートの一人も雇おうか。
万引きも多いっていうし。
しかしバイトを雇うところで利害度外視とはいえんくなる。
諦めるか。


諦めるとほんとに趣味の店になってまうな。
趣味の店だとすると客の来ない小さな小汚い古本屋のイメージ?

・・・。
しかし中途半端な本屋では大型店やBookOFFなんかに負けるのは必至だモンね。

いや、負けてもいいしそもそも戦おうと思ってないが。
基本大きな利益が欲しいとか思ってへんが、店が潰れると困る。
アレもコレも的な気持ちを抑えて小粒な店で。


経営難しいな。
うん。


とりあえず、フランチャイズのパートで(笑。

そんなことより自分のドンくささでレジが打てるか心配しろ!!>>自分
※販売のバイトは15年ぶり。




というわけで。
今日も特記すべきことは起こらないようですな。

追記:明日から本格研修だー!
* 18:29 * comments(2) * trackbacks(0) *
舌打ち
大変ご無沙汰いたしました。
ゆはず女史、まだ生きてんのか、です。
こんにちわ。

日曜日の今日、旦那はマンションのローン説明会。
フラットに関しては、なんだか色々時間がかかるので、
ま、今からやんなきゃいけないそうです。

そうそう、危機ですよ。
350万の危機。
続きを読む >>
* 11:27 * comments(0) * trackbacks(0) *
350万円
こんにちわ、ゆはず女史です。

350万円。

それは、マンションの頭金なワケですよ。

実は、今年に入ってマンションの購入を決定いたしました。
新築です。
続きを読む >>
* 13:08 * comments(2) * trackbacks(0) *
適正価格
アポ待ちのゆはず女史です。

なんかアレだね。
恋愛してる方のログって、
冷静に見ると突っ込みどころ満載ですな。
いや、批判とか否定とかそういうのではなく。
こう、ほほえましく周りが見えない感満載ってか…。
一丁恋愛相談みたいなもの、
書いてみてもいいかと思うくらいに。

と思いつつ、そこらの恋愛系ログを眺めてから、
自分の一個前のログを見ると。
おんなじオーラを深く感じてしまいましたとサ(苦笑。
結局うちもおんなじ穴の狢。

で、本題は先送りしてたNOVAだよ。
続きを読む >>
* 13:29 * comments(0) * trackbacks(0) *
| 1/1PAGES |