<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ケジメ・続 | main | 我慢 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
甘い記憶
 
先日見た「きったない誰も掃除しないホコリだらけの教室」の夢から。
バレンタインが近い所為なのか甘酸っぱいチョコレートの思い出がよみがえった。


中学三年生の頃、クラスの誰もが掃除をサボり、
特に「雑巾がけ」を全くだーれもしなくなる期間が少なくとも数ヶ月はあった。


その頃のうちは、まぁいけ好かないというか。
地元集中(関西発祥で関東にはあんまりなかったのね)の所為で進路指導対象外の、
進学校である府下三位の公立高校へ行きたくて。
内申書とかかなり気にしつつ。
三年生の後期、受験で忙しい時期にも誰もなりたがらない学級委員長になるような。
かなり嫌なガキだった。

成績は公立の地元中学ではそれなりに抜きん出てたけれども。
(誤解するな。ホントによくある小学生で神童、高校生でただのアホというパターン。)

自慢チックな恥さらしは置いといて、話を戻すと。
皆が、掃除の時間サボる、雑巾がけをしないのはもっぱら先生がいない時で。
先生がいない=内申を気にする必要がない。
つまり、理論上はうちだってやらなくていいわけ。


でも、なんちゅーか、根がどうしてもまじめというか。
今もそうなんだけどなんとなく正義心?違うな、道徳?・・・うーん。
良くわからないけど「ルール違反的なこと」が未だにかなり嫌いというか苦手なうち。

誰も雑巾がけをしないとなると、掃除は進まない。
ダラダラ箒をもって突っ立ってしゃべくってるヒトはいても、
とにかく誰も雑巾はかけないんだからサ。
後ろにさげて集めてある机はいつまでたっても戻せない。


うちはたった一人で雑巾をかけたね。
黙って。
毎日毎日。

もう、ひたすら一人で雑巾をかけた。
教室中。
みんなに「掃除しようよ」とかそういうことは全く言わなかった。


そりゃ、照れくささもあるから決して丁寧に拭いてはなかったけれど。
とりえあえずかけ続けた。

先生がいようがいまいが関係ない。
掃除を済ますためにかけ続けたわけだよ。
もちろん、多分に「ガッキュウイインチョ」的なエエ格好しいな気持もあったんだろうと思うね。


一ヶ月くらい続けてると、驚いたことに一人の男の子がたまに手伝ってくれるようになった。
ちょっとした不良(今みたいな、ではないよ。その当時の田舎の不良)グループに属してて。
不良グループが組んでるバンドのベースなんかをやってる、
ちょっと茶髪めかなりのデブの男の子。

いつもではなかったし、うち以上に適当でいい加減にだったけど。
でも、あの皆の白い目というかビミョーな雰囲気の中で。
一応女子であるうちを手伝うのはそれなりに根性がいったと思うよ。
皆、黙って見てるだけで手伝う奴なんていないんだから。
大人になった今ならできるヒトもいるかもしれないけど、
思春期真っ只中の、中学生男子だよ。
それもちょい不良(笑)。そしてデブ男子。


嬉しかった。
教室内では、一回も面と向かってお礼とかいった覚えはない。
というか、ほぼ話したこともない。
というより、男の子にお礼を言うのが恥ずかしかったのかなぁ、当時の乙女うち(苦笑。


そうこうするうちに、私立中学の入試も終わり、あとは公立の入試と卒業式を待つのみ、
のバレンタインデー。

ここにバレンタインが出てくるのよ。
乙女だから(爆。


チョコレート、持ってったよ。彼の家に。
心からの義理チョコ。

うん。
別に好きでもなかった所為か、結構、なんの戸惑いもなく持ってった記憶がある。
で「これ、よかったら」程度のことを言って渡したような。
カードもつけなかったような、好きとも言わなかったような。
チョコも適当だったような。

もう、かなり記憶が曖昧だけれども。
卒業前にちょっとしたヤワイ思い出が欲しかっただけかもしれないね。

その後?
なにーもなく、なにーも言わず、話すでもなく、全く変わりなく、卒業式を迎えましたよ。
うちは無事に行きたい公立高校に進学したし(同じ中学からは6人くらい受かったっけか)。
彼が私立に行ったのか地元集中対象の2校の公立高校にいったのかも知らん。


でもね。
そんな性格の所為もあり、中学生の頃はちょっとしたイジメにもあってたうちは。
(今考えればかなりいけ好かない中学生だから、イジメられる要因たっぷりだよな(笑)
ホントに嬉しかったのよ。
何気な、厚意?好意?が。

アレは、心からの感謝と好意の義理チョコだったと思う。



なーんとなくだけど、彼は今頃きっと子供思いの良いお父さんになってるような気がする。
なーんとなくだけど、ね。


* 13:36 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 13:36 * - * - *
 コメント
 コメントする