<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< 状況 | main | 託ける >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
地味

 
最近、実家の母が送ってくれた切干大根を煮てみてるのだが。
これがウマイ。

いや、切干大根とかひじきとか、あとおからとか。
辛気臭くてイマイチ自分で料理する気にならない食材だったんよね。
 (ずっと以前、友人のお姉さんが言っていたという気持に若干同感。
  「白和えはいいけどおからの煮たのは貧乏くさくて嫌い」
  うちもハンバーグに入れたりはするけど、おから煮は未だ家で作ったことがない。)

嫌いじゃないから出れば食べるんだけど、
あえて自分で買って調理したいと思わないというか。


だから。
実は先日初めて作ったんだわ、切干大根。

いや、ウマイ。

しかし、一般的に惣菜として売られてたりする味とは違う。
もっとしゃきしゃきしてるし、ピリッと辛い(辛いのは鷹の爪を入れてるからだけど)。

原材料が良いというのが理由のひとつだろう。
マムが送ってくれてる切干大根は、高級スーパーで購入した岩手県産のだから。
(ちょっといいスーパー:
 神戸ではikariとか。うちの地元では○ッキー。東京では紀伊国屋とか?)


惣菜屋とかのは、なんかだらっとして、味もしつこいというかだるいというか。
うちのはもっと薄味で歯ごたえもだけど味もしゃきっとしているというか。

自分で作った料理を自画自賛することはうちにはよくあることだが。
この切干大根も結構殿堂入りやね。
もちろん、マムからの荷物がないと無理なレシピやけれども。
食べだしたらとまらない。


ああ、例のごとく旦那には受けが悪いようですヨ(笑。


* 12:51 * comments(0) * - *
スポンサーサイト
* 12:51 * - * - *
 コメント
 コメントする