<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 難題 | main | 好奇心 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

* * - * - *
プロ
またもや、愛憎交々ネタ。
ゆはず女史です。おはようございます。

これは引用部分が気になるものなので、長ったらしくなりますが、
引用してみます。


オーネットスペースポート「新・恋愛解体新書」より
「20年前に別れた彼女のことが今も忘れられません。(45歳男性)」



>問い
当時、彼女とは同じ職場で、2ヶ月かけてアタックし、その後2ヶ月間つき合っていたのですが、彼女から「自分の気持ちに自信がなくなった」と言われました。その後も、職場で毎日顔を合わさなければならず、つらかったのですが、私が1年ほどで転勤になり、彼女も別の男性と結婚。その後、私は恋愛もせず見合い結婚をし、2年ほどで離婚してしまいました。そんな今でも、20年前の思い出が忘れられません。私はもう恋愛することができないのでしょうか?

>答え
それほど忘れられないのなら、もう一度、アタックしてみたらいいじゃないですか。一度別れた人とは二度とつき合ってはならない、そんなルール、聞いたことがないもの。
正直いって、あたしは羨ましく思います。そこまで惚れられている相手がいるってことに。
(中略)
とにかく、二回目が駄目でも、三度目がある。三度目が駄目でも四度目がある。
女はね、「君を愛してる」、そんなふうにはっきりと告白してくれる男の潔さに惚れるんだよ。
男としてあなたを好きになることができなくても、「君を愛している」という告白を聞いて悪い気はしない。
彼女を愛しているのなら、それを示さずしてどうする?(中略)
頑張って、自分の気持ちだけは伝えようよ。




わすれていました。
こんな下書きがのこっていました(苦笑。


だってねー。
これ読んだとき、かなり「ソレ、どうよ?」
と思ったわけですよ。


質問している男性についてではありません。
恋愛のプロであろう、女性の答えですよ。
うちがびっくりしたのは。


男性の20年忘れられない気持ちはわかります。
わかりますが、ある意味おそらくそれは逃げではあるでしょう。
しかし、ソレを指摘する気も、責める気もなければ、
否定する気もありません。
本人にとって、大切な気持ちでしょうし。
ま、それだけにしがみついている限り、先には進めないとは思いますが。
先に進みたいと思わない人もいるんだろうから、それもかまいません。
「恋愛をすることができないんでしょうか」
については、とりあえずぜってーそんなことねぇ、と思います。
そう。
「思い出」を大切にしたまま、
だからこそ、ほかの人を思うこともできると思います。
(くれぐれも、思い出、にしてください。)


しかし、しかしだよ?
しつこいようですが、この答えですよ?


女はね、「君を愛してる」、
そんなふうにはっきりと告白してくれる男の潔さに惚れるんだよ。

男としてあなたを好きになることができなくても、
「君を愛している」という告白を聞いて悪い気はしない

とにかく、二回目が駄目でも、三度目がある。
三度目が駄目でも四度目がある。


って。
えっ?


・・・ストーカー推奨?


こういう答えをしている恋愛のプロってある意味すごいと思います。
もし男の人がまじめに質問していて、
この答えをまともに受けちゃったらどうなるんだろう。


ということで。
たまにはむやみにつっこんどきたい気分にもなるわけですね。
* 09:17 * comments(0) * trackbacks(0) *
スポンサーサイト
* 09:17 * - * - *
 コメント
 コメントする









 この記事のトラックバックURL
http://yuhazu.jugem.jp/trackback/31
 トラックバック